郷土料理・いとこ煮(にざい)

 いとこ煮(にざい)は、だいこん、人参、さといも、ごぼうなどの野菜、油揚げ、こんにゃくなどの具をたっぷり入れてやわらかく煮た中に下煮をした小豆を加え、味噌、醤油で味をつけたものです。小豆を加えるのがみそです。

 浄土真宗では親鸞聖人の亡くなった11月28日を命日とし、いとこ煮を食べるのが習わしとなっています。色々な由来もあるようです。私も最近はめったに作らなかったのですが、今日作ってみました。習わしにそって食べるのも悪くはないですよ。久し振りに食べたのですが、おいしかったし四季の移り変わりを実感できました。熱々の汁が体にしみわたりました。DSC00683.JPGのサムネール画像